ブログ 【引退ブログ】#60 ろこ

【引退ブログ】#60 ろこ

こんにちは。
21チーム主将を務めました、ろこです🐊

駒沢女子大学ラクロス部を応援してくださっている皆様、
いつも温かい声援や応援メッセージをありがとうございます。

主将としての私も、
協会スタッフとしての私も、
”ただのろこ”でいる時も、
駒女というチームも、
4年間本当にたくさんの人達に支えられてきました。

今までいろんな引退ブログを読んできて、
あんな風に心に響くものが書けたらな
と思うのですが、得意じゃなくて。
でも私の言葉も「気持ちが真っ直ぐ伝わってきて素敵だよ」と親友に言ってもらえたので、
今まで出会ってきた方々に感謝の気持ちを伝えられる
そんなブログにできたらと思っています。

1年生の頃、同期とたてた目標は、
「1部の舞台で戦うこと」と「6人全員でコートに立つこと」
でした。
当時まだ4部で、部員も今よりは多かったからABわけもあって、1年生の私達からしたら4年間かけて達成したい大きな目標でした。

今年の結果を見た人は
逆にどうやったらあの点差で負けるの笑
って思っちゃったと思います。
正直ボロ負けでした。

そんな私達が1年生の時、
1部という場所や、実力で勝ち取ったベンチ入りを当たり前に目指そうと思えたのは、
常に上を目指す環境を、コーチや先輩達が当たり前に作ってくれていたからでした。
勝つ楽しさも知る事ができたし、先輩達の努力も後輩という立場からでしたが感じていました。

そんな当たり前をくれたコーチや先輩達には感謝してもしきれません。
りかさんに出会えて人生が変わったし、れんさん、らんさん、もかさん達の代だったから、私達はのびしろ軍団になれました。
ありがとうございます。

21チームの目標は「一勝」
学校からの活動許可が降りず、オンラインの日々。
自主練として集まったりもしましたが、参加できる人は限られていました。
そして1年生は0人。
チームや個人のスキルも伸びませんでしたが、なによりみんなの心がついてこなくなりました。

コロナ禍にも関わらずたくさん入ってくれた2年生がどんどん辞めていき、そのたびに自分が分からなくなりました。
私のやり方が間違っているからみんな辞めてしまうんじゃないか、
もっとコミュニケーションを取っておけば退部の決心をする前にしっかり相談してくれたんじゃないか、、、
考えても答えはでなくて。
チームがどこに向かっているのか、分からなくなりました。

私が主将じゃなければ、と思うようになりました。

1番苦しかったこの時期を支えてくれた同期には、本当に感謝しています。
ありがとう。
同期には手紙で感謝の気持ちを伝えようと思います。

でも、チームがこんな状況でもラクロスは好きでした。
クラブチームにおじゃましてプレーしている時は、本当に楽しくて、辛い事を忘れられました。
そして、この楽しいラクロスを2年生に教えてあげたい、3年生に思い出してもらいたいと思うようになりました。
先輩達に教えてもらったように、自分が上手くなっていくあのワクワクを、勝った時の喜びを、みんなにも感じて欲しいと思うようになりました。

ついてきてくれた後輩へ。

10月から学校での練習を再開して約2ヶ月、本当にあっという間で。
久しぶりにみんなに会えるのが嬉しくて、全員そろっての練習が幸せだったよ。

1試合目より2試合目、2試合目より3試合目、すごいスピードで成長していくみんなとラクロスをするのが、すごく楽しかった。
最初はパスキャも続かなかったのに、
最後の試合、どんなに負けてても、
駒女1本!声だそう!ろいさんドローファイト!って2.3年生の声が響いてて、
私が引っ張らなきゃと思ってたチームが、いつの間にか引っ張られる、一緒に走れるチームになってました。

ずっと不安だったけど、
ろこさんの作るチームが好きです、ろこさんが主将でよかったです、って言ってくれた子がいました。
その言葉と、みんなの笑顔に、救われた最後でした。
まだまだ、これからもっと上手くなれる。そう確信しています。
21チームのみんなは私の誇り。
1年間、全員怪我して、全員ボロボロな中頑張ってくれて、ありがとう。
今シーズンの気持ちを忘れずに、楽しむ気持ちを忘れずに、頑張って欲しいと思っています。
22チームを1番に応援してるよ!

すべて終わって振り返る時、
皆さんは誰の顔が浮かぶでしょうか。
誰からの言葉を思い出すでしょうか。

絶対1人はいると思います。
お世話になった、心の拠り所だった人が。

私には、そんな人がたくさんいました。
ありがたいことに、挙げだしたらキリがないくらい、たくさんいました。

みんなはいつも、私の話をたくさん聞いてくれました。
それがたとえ他大学だったとしても、もう卒業していたとしても、ラクロスを知らない人だったとしても、
楽しい時も、悩んでいる時も、絶対誰かがそばにいてくれました。
そんな、みんなと過ごす空間が大好きでした。

そして、その出会いはいろんな所で見つけました。
委員会や執行部かもしれないし、
飛び込んでいった新しい世界かもしれないし、
Aさんの繋がりのBさんかもしれないし、
そのまた繋がりのCさんかもしれないし、
バイト先かもしれないし、

本当にいろんな所にありました。

たくさんの人に出会うと、たくさんの初めてを知る事ができます。
だから、これを読んでいる人には、ビビらず、面倒くさがらず、いろんな場所にいって欲しいです。
そこでの出会いや経験は、絶対自分にとって+になります。
絶対です。

いろんな初めてと、いろんな辛さと、いろんな驚きと、いろんな楽しさをくれてありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

ラクロスに出会えて良かったです。

駒沢女子大学ラクロス部 4年 めい です!

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。* の項目は必須項目となります。

関連記事

LATEST NEWS 最新情報
SNS
INSTAGRAM
YOUTUBE